投稿日:2024年1月5日

いつがベスト?解体工事の適切なタイミング

こんにちは!
株式会社KARITAです。
広島県広島市に拠点を構え、戸建て・アパート・マンション・店舗・施設などの建築物を対象に、解体工事やアスベスト除去を手掛ける業者です。
お客様のさまざまなご要望にお応えできるよう、経験豊富なスタッフが丁寧で安全な施工を実現いたします。
解体工事は、建物の老朽化や用途変更、土地の売却など、さまざまな理由で必要になる場合があります。
解体工事は基本的には年中施工可能ですが、最適な時期と避けるべき時期があることはご存じでしょうか。
今回は、解体工事の適切なタイミングについてお話ししたいと思います。

解体工事に最適な時期

解体現場
一般的に、解体工事は固定資産税が決定した年明けすぐに行うのが良いと言われています。
固定資産税は毎年1月1日時点での状態に基づいて課税されるため、年明けすぐに解体すれば、その年の固定資産税の節約が可能です。
また、解体工事は業者の繁忙期や天候によっても費用や工期が変わることがあります。
繁忙期は人件費や廃棄物処理費などが高くなりやすく、悪天候は作業を中断させる可能性があります。
そのため、解体工事を安く早く済ませたい場合は、閑散期で天候の安定した季節を選ぶことがポイントです。
地域や業者にもよりますが、一般的には解体工事の閑散期は4月~5月と6月~9月とされています。

解体工事を避けるべき時期

解体工事は雨や雪が続くと延期されてしまうため、6月~7月かけての梅雨の時期、9月~10月にかけての台風の時期、12月~2月にかけての大雪の予想される時期は避ける方が無難です。
また、解体工事は騒音や振動、粉塵などで近隣に迷惑をかけてしまう恐れがあります。
事前の挨拶や説明をしっかり行えば工事への理解を得られることが殆どですが、近隣への配慮の観点から、お盆や正月などの休日や祝日は避けた方が良いでしょう。

丁寧な解体工事が強みです

連絡方法
以上が、解体工事の適切なタイミングについてのお話でした。
解体工事は、天候や気温、季節などによって最適な時期が変わります。
そのため、解体工事を計画する際には、事前に専門業者に相談することが大切です。
広島県で古くなった建物の処分にお困りの方は、ぜひ株式会社KARITAにご相談ください!
現地調査にしっかりと時間をかけ、適切な解体工事をご提供いたします。
木造・鉄骨造・RC造など、建物の構造や規模を問わず、柔軟にご対応可能です。
施工前の近隣挨拶はもちろん、マナーや身だしなみに気を配り、防塵シートや散水などを用いて、最大限近隣の皆様へ配慮しながら施工いたします。
解体工事のご依頼・ご相談は随時受け付けておりますので、ぜひお問い合わせフォームからご連絡ください。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

解体工事の業者なら広島県広島市の『株式会社KARITA』へ
株式会社KARITA
〒732-0814
広島県広島市南区段原南1丁目17-17-1
TEL:080-5621-3033 FAX:082-261-3223


関連記事

年末年始のご挨拶

年末年始のご挨拶

こんにちは、『株式会社KARITA』のブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。 早いもので …

ホームページを開設しました。

ホームページを開設しました。

株式会社KARITAでは、新たにホームページを開設しました。 これまで以上にお客さまにご満足いただけ …

アスベスト廃棄物は適切な処理が必要です!

アスベスト廃棄物は適切な処理が必要です!

解体工事・アスベスト除去のプロとして活動する株式会社KARITAです。 今回は、アスベスト廃棄物の処 …

お問い合わせ  採用情報